オフィスに関するお問い合せはこちら
イトーキオフィスゲート
オフィスレイアウト、デザイン、内装、オフィス家具から移転・引越しまで見積・ご提案
イトーキが東京・横浜・名古屋・大阪・福岡をはじめ全国のオフィスをサポート
HOME矢印オフィスづくり情報矢印起業情報矢印起業準備編 / 会社の数字から迫る!起業成功と失敗の分岐点 / 気づいたときはもう遅い!? パーセンテージが読めない経営者は失敗する!
メインコンテンツヘッダー

会社の数字から迫る!起業成功と失敗の分岐点

この記事は2007年以前に書かれた記事となります。

気づいたときはもう遅い!? パーセンテージが読めない経営者は失敗する!

釜谷彰一税理士が語る把握するべき数字とは? 同じように起業をしても成功する経営者と失敗する経営者がいます。それはなぜなのか? 答えのひとつはズバリ、数字を上手に管理できるか、できないか、にあったのです。効率の良い経費の使い方とは税理士という立場から多くのクライアントの指導をされている釜谷彰一税理士が語る把握するべき数字とは? これさえしっかりと把握し攻めと守りの体制が整えば、やっかいな試算表や決算書も怖くありません。


ゲスト:釜谷 彰一 ゲスト:釜谷 彰一(かまたに しょういち)
税理士、株式会社東京会計計算センター 代表取締役

平成6年に東京会計総合事務所入所。平成9年、東京会計総合事務所パートナー税理士となる。平成13年、インターネットで行う低価格のWEB税務会計ソフト販売の始めたほか、株式会社東京会計計算センター代表取締役就任。東京会計総合事務所税理士10名で関東近県を中心に、1,200社のクライアントを持つ。

1. 無駄な経費をなくすためにパーセンテージで把握しよう

ナビゲーター:大橋 悦子
ナビゲーター:大橋 悦子

釜谷先生:
会社が伸びている社長さんは、個々の細かい経費の内訳はあまり見ておらず、それよりもパーセンテージであったり、全体の経費に対してこれだけ売上が上がっているといった大まかな数字をしっかり見ていますし、それだけ数字のズレも少ないようです。このような数字の掴み方をしておけば、それほど問題はないと思います。


釜谷先生:
毎月、月次の決算書を見られない場合は、最低でも、売上、売上原価、経費、人件費などの数字を大まかにでも把握しておくことでしょう。そして、その数字が顧問税理士から上がってくる報告書とおおむねの率でずれていなければ大丈夫だと思います。

例えば、社長は粗利率3割ぐらいだと思っていたのに、税理士から報告された数字が2割だったりとすると、社長の知らないところで返品が起こっていたり、誤って経費を掛けていたりということが想像できます。これはまずいケースですね。

売上ばかりを気にして、返品や経費の掛け方などはスタッフにまかせっきりなんてことになると、会社は伸びないですね。実際に成長している企業のトップは、例えば粗利率が0.01%のレベルで上がったとか、下がったとか、率を非常に気にしています。そういった社長がいる企業は継続的に伸びていってますね。

逆に、いけいけ、どんどんで売上を上げることのみを必死でやっている社長は、うまく乗っているときは良いのですが、何か変化が起こった瞬間、その変化に気づかずにガタガタになり、気がついたときには手遅れになっていることが多いんです。

釜谷先生:
うまく乗っているときは、私たちの意見には耳をかさず、決算の数字がまとまったときに初めて数字を見て、慌てている方は多いです。そこでしっかりと数字を把握することの重要性を知り、経営に対する姿勢を変えることができる社長は建て直しができますが、「昔はよかったんだよね」と言っている社長は建て直すことが難しいですね。

大枠の数字をしっかり捉えていただきたい

釜谷先生:
そうです。最初は、細かい数字は見なくても、大枠の数字をしっかり捉えていただきたいです。試算表や決算書は学校の成績表みたいなものですから、原価率とか経費率、粗利率、経常利益率などは把握しておくべきでしょう。

また、社長の中には「率を知っても自分の会社がうまくいっているかどうか全然わかんないよ」という方がいらっしゃいますが、そういった方には、同業種で一番業績の良い会社や、上場している会社を参考にするようにアドバイスしています。上場している会社の決算書はネットなどで簡単に閲覧することができますから。

釜谷先生:
比べたときに、その会社の率よりも自社の率が良くないとまずいでしょうね。向こうは大きな会社ですから、小さな会社であれば、その会社の何倍も率が良くないと勝てるわけがない。「同じだからと喜ぶのではなく、何倍も率が良くて初めて同じ土俵に立てると思いなさい」と言っています。そういう風に分析把握するために、上場している同業種の決算書を見るように薦めています。

まずは、営業利益率、経常利益率、人件費率を手始めに、自社で気になる数字を比較してみてください。比較分析していくうちに、自社のここは勝っているけど、ここだけ良くないとわかった段階で、社長とともに改善策を検討することになります。

起業したての頃は、私たちのアドバイス以前に、できるだけコストを抑えて売上を上げていくことが最重要課題になるでしょうが、最低でも何か困ったときにアドバイスをしてくれる方としっかりとしたパイプラインや信頼関係を築いておくべきだと思います。社長は孤独ですから、そういった時に相談に乗ってくれる方は大切になってきますね。

釜谷先生:
私は税理士なので、どうしても税理士と言いたくなりますが、もし私が起業しようとする立場ならば、まずは業界の先輩を挙げます。次に、多くの会社設立をしている司法書士の先生、また税務の専門家である税理士、法務の専門家である弁護士の先生といった専門家の方と、困ったときにいつでも相談ができるような友好な関係を築いておくことです。


制作提供:(株)ECOM 296会社.com (作ろう会社どっとこむ)事業部 http://www.296kaisha.com
(c) 2006 ECOM Co., LTd., All rights reserved. 296会社.com

 

オフィスに関するお問合せはイトーキオフィスゲートにお任せください

オフィスに関するお問合せの流れ

掲載の事例を参考にした、レイアウトや家具の購入など、オフィスに関するお問合せは、イトーキオフィスゲートへお気軽にお問合せください。(相談・見積もり無料)

お問い合わせはコチラ【無料】

※お客様にてパートナーをご指定いただくことも可能です。 >>こちらから


詳しく見る


詳しく見る


ページトップボタン

メインコンテンツフター

プロにご相談!

レイアウト変更やオフィス移転など、お気軽にお問い合わせください

お問合せの詳細はコチラ