オフィスに関するお問い合せはこちら
イトーキオフィスゲート
オフィスレイアウト、デザイン、内装、オフィス家具から移転・引越しまで見積・ご提案
イトーキが東京・横浜・名古屋・大阪・福岡をはじめ全国のオフィスをサポート
HOME矢印オフィスづくり情報矢印起業情報矢印起業準備編 / 会社の数字から迫る!起業成功と失敗の分岐点 / 成功する経営者と失敗する経営者の差はそこにあった!
メインコンテンツヘッダー

会社の数字から迫る!起業成功と失敗の分岐点

この記事は2007年以前に書かれた記事となります。

成功する経営者と失敗する経営者の差はそこにあった!

釜谷彰一税理士に伺いました あなたは仕事とプライベートの財布を分けていますか? 自己資金を貯めていますか? できていないなら、あなたの起業は失敗するでしょう。税理士という立場から多くのクライアントの指導をされている釜谷彰一税理士が考える、起業で失敗しないためのお金に対する考え方とは? 起業を成功させる秘密がここにあります。


ゲスト:釜谷 彰一 ゲスト:釜谷 彰一(かまたに しょういち)
税理士、株式会社東京会計計算センター 代表取締役

平成6年に東京会計総合事務所入所。平成9年、東京会計総合事務所パートナー税理士となる。平成13年、インターネットで行う低価格のWEB税務会計ソフト販売の始めたほか、株式会社東京会計計算センター代表取締役就任。東京会計総合事務所税理士10名で関東近県を中心に、1,200社のクライアントを持つ。

1. 成功する経営者、失敗する経営者の違いは何?

ナビゲーター:大橋 悦子
ナビゲーター:大橋 悦子

釜谷先生:
失敗する経営者は、自分の財布と会社の財布を一緒にする経営者です。これは会社の経費、これはプライベイトの経費と分けて考えられず、どんぶり勘定でやっている経営者も少なくありません。なぜこれではうまくいかないかというと、自分の会社の実態が見えなくなるからです。具体的には、売上比率や経費率など、実態にそった把握ができなくなるのです。

個人商店のような経営ではなく、これから事業を大きくしていこうと思うのであれば、これについてはしっかりと分けて考えるべきですね。最初はこじんまりやっていて、どんぶり勘定で問題がなくても、社長も、会社も成長し、経営者として事業を継続拡大しようという意識に変わるときに、それでは必ず困るときがやってくるのです。

釜谷先生:
どのステージにいても常に目標に向かって考えていくことは必要です。そもそも、10年くらい事業をやっていると、社長の考え方も当初の頃とはずいぶん変わっていく傾向にあります。良い方向に変わっていくのなら問題はないのですが、実際には悪い方向に変わっていってしまう社長も多いですね。

釜谷先生:
「なぜ変わってしまうのか」と問われると難しいのですが、おそらく、事業がマンネリ化し、目標に向かってのステップを見失ってしまったり、現状にそのまま流されてしまっていたり、また金銭的にも安定してきてあぐらをかいてしまうこともあるようです。「目指していた目標と変わってしまっているよ」とアドバイスすることもあるのですが、日々の仕事に追われ、志やビジョンを見失っているのかもしれません。

釜谷先生:
しっかりと進んでいる社長はそのようなブレはなく、常に目標に向かって次のステップであれをやってみよう、これをやってみようとできますね。ともに切磋琢磨できる仲間や先輩の経営者がいれば「ここで満足していてはいけない」と心をリフレッシュでき、常に前進できるのだと思います。

利益が出ているときに「いいや、いいや」とほったらかしておくのではなく、次の戦略、次の戦略と考えていくことも大切です。そして、失敗しないことがベストですが、たとえ失敗したとしても、何もしていないのとしているのでは大きな違いが出てきます。失敗したと気づいたら、素早く実地検証して、戦略の軌道修正を行うことで成功への道が開けてくるはずです。

釜谷先生:
常に成長している良いブレインや仲間を鏡にして、自分との違いを客観的に把握でき、軌道修正できることだと思いますね。

2. 準備資金を準備できない起業家は成功できない

リスクを考えましょう


釜谷先生:
たまに「全額運転資金を銀行から借りようと思っています」と言われる方がいらっしゃいますが、これから会社を設立する起業家で自己資金のまったくない人に対して、銀行は資金をほとんど融資はしてくれないと思います。運良く200から3百万円程度の融資してくれるかもしれませんが、保証人や財産・担保がある場合だけでしょう。ただし、こういった社長はほとんど成功することはありません。

自己資金を一銭も貯めることができない人が、事業をスタートしてうまくいくことはほとんど難しいでしょう。それよりも、自己資金がないのなら、スタート時期を遅らせてでも、300万円くらい貯めてから起業する社長の方が成功します。

釜谷先生:
それもありますが、ある程度の自己資金を貯めることもせずに起業する人はそもそもの考えが甘すぎます。そういう方は、私たちがお話を聞いていても、甘さを感じることが多々あるんですね。例えば、「銀行から借りて、こうやってこうやったら利益が出ます」と言われるのですが、「何かあったらどうするの?」「売上の回収サイトが1ヶ月延びたらどうするの?」と聞くと答えられなくなります。要はリスクを考えていないのです。

釜谷先生:
そうですね。「こういうリスクが想定されますが、こういう方法で解決できます」「こういうリスクに対してはこういった手を打つように考えています」としっかりとシミュレーションし、明確に答えることができる社長は成功します。実際、そういうことをしっかりと答えることができる社長は、起業する段階で必要な自己資金をしっかり貯めて用意していますね。


制作提供:(株)ECOM 296会社.com (作ろう会社どっとこむ)事業部 http://www.296kaisha.com
(c) 2006 ECOM Co., LTd., All rights reserved. 296会社.com

 

オフィスに関するお問合せはイトーキオフィスゲートにお任せください

オフィスに関するお問合せの流れ

掲載の事例を参考にした、レイアウトや家具の購入など、オフィスに関するお問合せは、イトーキオフィスゲートへお気軽にお問合せください。(相談・見積もり無料)

お問い合わせはコチラ【無料】

※お客様にてパートナーをご指定いただくことも可能です。 >>こちらから


詳しく見る


詳しく見る


ページトップボタン

メインコンテンツフター

プロにご相談!

レイアウト変更やオフィス移転など、お気軽にお問い合わせください

お問合せの詳細はコチラ