オフィスに関するお問い合せはこちら
イトーキオフィスゲート
オフィスレイアウト、デザイン、内装、オフィス家具から移転・引越しまで見積・ご提案
イトーキが東京・横浜・名古屋・大阪・福岡をはじめ全国のオフィスをサポート
HOME矢印オフィスづくり情報矢印起業情報矢印上場編 / 知らずに上場するな!株式公開の魅力とメリット / 株式公開は単なる手段! 上場後が大切だ
メインコンテンツヘッダー

知らずに上場するな!株式公開の魅力とメリット

株式公開は単なる手段! 上場後が大切だ

[Vol.2] 株式公開は単なる手段! 上場後が大切だ 株式公開を成功させるにはクリアしなければならない課題がたくさんあります。それでも上場を目指すには何か魅力とメリットがあるのか? そして上場した次のステップは? 株式公開成功の大きな役割を担う主幹事証券・監査法人の両方にて、株式公開のスミからスミまで知り尽くした山本秀一公認会計士・税理士が誰もが知りたい疑問に答えます。


ゲスト:山本 秀一 ゲスト:山本 秀一(やまもと ひでかず)
公認会計士・税理士、山本秀夫事務所所属

日興證券(現日興コーディアル証券)に入社後、「IIの部」をはじめとする、証券取引所への申請書類の作成と証券取引所との折衝、取引所による上場審査への回答の作成指導などを行う。その後、朝日監査法人(現あずさ監査法人)で株式公開部門などを担当。現在、公認会計士・税理士山本秀夫事務所入所。

1.それでも実施する!? 株式公開の魅力とメリット

ナビゲーター:大橋 悦子
ナビゲーター:大橋 悦子

山本先生:
私のクライアントで株式公開の準備をしているとある会社がありますが、出会った頃はいけいけ、どんどんの会社でした。ですから、「どんどんやってもいいのですが、株式公開したいのであれば、リスクの認識とリスクが露呈する確率を考えて、物事を進めていかないと駄目ですよ」とお話しました。どの会社もそうですが、「本当に上場したいなら、コンプライアンスはしっかりと守っていかないといけない」とお話しをしています。最近は、上場企業の法令違反が頻出していますから特に厳しいですね。マスコミに発覚したら、もう大変ですから。

山本先生:
その通りです。実直に経営をしていた会社が潰れてしまったら仕方ないでしょうが、法令違反など、グレーなことが理由で不祥事を起こすと、次からは人は付いてこないですから……。起業家の方は、そういったことをしっかりと考えないといけないですし、そうならないように癖をつけておかないとなかなか治らないんですよ。

山本先生:
そういった法令違反を守っても利益がでる体質にしておかないといけないですね。でもそうは言っても「そのような完璧な状態で事業を行うのは難しい」となるでしょうから、不測の事態が発覚したときのリスクがどれくらいなのかを認識して進めるべきです。私は「するな」とは言えませんが、オーナーが法令違反のリスクをしっかり認識してこれならいけると思い判断してできるならいいと思います。とにかくリスクをしっかりと認識しておくべきです。

山本先生:
株式公開をすることは目的ではなく、あくまで手段です。最近では、公開をすることが目的になっていますが、あくまでツールだと考えてほしいのです。例えば、「全世界に支店を置きたい」「売上規模を1,000億円超にしたい」といった目的がある場合、公開した方が早く目標の達成ができるでしょう。株式公開は事業を大きくするためには最高の手段です。

ただ「お金持ちになりたい」「一族の資産を増やしたい」というだけであれば、公開しなくてもできます。確かに公開すると瞬間的に資金が入ってきますが、事業を継続的に行っていくのは大変ですから。

ナビゲーター:山下 健一
ナビゲーター:山下 健一

山本先生:
そうです。公開企業と非公開企業では信用力がまったく違います。特に人材力が違いますね。いろいろな書籍を読めば書いてあると思いますが、企業の信用力で人が来る、お金も来る、さらに信用も増える、そしてそれらが自分のしたい事業にとってプラスに作用していくのです。ただその代わり、公開前も、公開後も大変です。

2.公開後の展開を明確にする

山本先生:
そういうこともありますね。最近は株価の変動が激しいので、気にされる経営者もいます。ですが、あまり気にしないほうがいいですね。また、株価が下がると自分の資産も減っちゃうという経営者もいますが、そういう人は経営者に向いていないかもしれない。基本的には人のお金を預かっているわけですから、株主になってくれた方々の資産が減って申し訳ないと思える人の方が経営者としてはいいですね。

山本先生:
特に、公開してから株主になってくれた方というのは、顔もわからないですし、株価の高いところで買ってくれているわけですから、業績を良くして、利益を返してあげるという気持ちでないといけないと思います。それが資本主義の考え方ですから。

山本先生:
また、そこで公開にとり憑かれてしまった方は新しい会社をどんどん作って、どんどん公開していきます。公開で得た資金で新しい事業を始めて、さらに公開してというように……。

それはそれで世の中のためになっているからいいとは思いますが、本当にしっかりとやっている方はもっと先を見ています。ただ、その先を描ききることは難しいと思いますけど。


山本先生:
そうです、公開は目的ではなく手段なのですから。



制作提供:(株)ECOM 296会社.com (作ろう会社どっとこむ)事業部 http://www.296kaisha.com
(c) 2006 ECOM Co., LTd., All rights reserved. 296会社.com

 

オフィスに関するお問合せはイトーキオフィスゲートにお任せください

オフィスに関するお問合せの流れ

掲載の事例を参考にした、レイアウトや家具の購入など、オフィスに関するお問合せは、イトーキオフィスゲートへお気軽にお問合せください。(相談・見積もり無料)

お問い合わせはコチラ【無料】

※お客様にてパートナーをご指定いただくことも可能です。 >>こちらから


ゲスト:山本 秀一(やまもと ひでかず) ゲスト:山本 秀一(やまもと ひでかず)
公認会計士・税理士、山本秀夫事務所所属

詳しく見る


ナビゲーター:大橋 悦子(おおはし えつこ) ナビゲーター:大橋 悦子(おおはし えつこ)
株式会社ECOM 代表取締役、296有限責任事業組合(296LLP) 職務執行者

詳しく見る


ナビゲーター:山下 健一(やました けんいち) ナビゲーター:山下 健一(やました けんいち)
リンカーン株式会社 代表取締役、296有限責任事業組合(296LLP)職務執行者

詳しく見る


ページトップボタン

メインコンテンツフター

プロにご相談!

レイアウト変更やオフィス移転など、お気軽にお問い合わせください

お問合せの詳細はコチラ