オフィスに関するお問い合せはこちら
イトーキオフィスゲート
オフィスレイアウト、デザイン、内装、オフィス家具から移転・引越しまで見積・ご提案
イトーキが東京・横浜・名古屋・大阪・福岡をはじめ全国のオフィス・事務所をサポート
メインコンテンツヘッダー

オフィスづくり情報

オフィスづくり情報

オフィスレイアウトの知識

オフィス家具の知識

オフィスセキュリティ対策

オフィス移転の知識

オフィス物件探しの知識

オフィス用語集

右ナビフッター

災害対策(耐震)

地震への対策はリスクマネジメントの重要課題


甚大な被害をもたらす地震への対策はリスクマネジメントの重要課題です。 地震大国といわれる日本において、もはや100%安心できる地域は存在しません。企業の資産を守るため災害対策を講じることは、企業の社会的責任となっています。

今後30年以内に震度6以上の揺れに見舞われる確率

地震動予測地図『今後30 年以内に震度6 以上の揺れに見舞われる確率の分布図』
出典:政府・地震調査研究推進本部

阪神・淡路大震災の被害

1995年に発生した阪神・淡路大震災(震度7)は兵庫県神戸市を中心に甚大な被害をもたらしました。死亡者は6,000人、負傷者も40,000人を超えました。死亡原因の8割が、家屋や家具類などの倒壊による圧迫死でした。

家具の店頭防止が重要です!

地震時の家具の転倒による被害は家具の固定で軽減できます。また、家具の固定は2次災害である火災も予防します。

家具の転倒防止対策をしていないと…

家具を固定していない場合の振動実験では、背の高い家具の転倒、家具の横すべり、引出しの飛び出しなどが容易に起こり、大変危険であると判断されました。
耐震実験

写真:耐震実験


収納家具の地震対策

アイコンについて

レイアウト上、室内のメインとなる避難通路は、幅1.6m以上、サブ通路は1.2m以上が望ましい、とされています。また、転倒の可能性がある収納家具は、左右・上下への連結、背合わせの連結、壁・床への固定対策が必要です。

左右・上下連結   背合わせ連結

左右・上下連結

  • 家具の左右、上下を連結する

単体の家具を横並びに使用する際、左右連結することにより床設置面積が広くなり、転倒しにくくなります。上に家具を乗せる場合は、下の家具と連結することにより上の家具が転倒しにくくなります。十分な対策とはなりませんので、他の固定法と組み合わせてください。

 

背合わせ連結

  • 家具の背どうしを連結する

単体の家具は背どうしをボルトナットで連結することにより、床設置面積が広くなり、転倒しにくくなります。特に室内の中間に設置されている単体家具はできるだけ背合わせに

壁固定   床固定

壁固定

  • 壁に家具を固定する

専用アングルとアンカーボルトなどにより、コンクリート壁に家具を固定する方法です。ただし、軽鉄間仕切壁への固定の際は十分な耐力が得られないことがありますのでご注意ください。

 

床固定

  • 床に家具を固定する

専用固定金具によりコンクリート床に家具を固定する方法でオフィスのレイアウト、フレキシビリティを配慮する必要があります。(フリーアクセスフロアへの固定の際フリーアクセスフロアの構造強度を十分に考慮する必要がありますのでご注意ください)


製品別に耐震対策用キットの有無を表した表
製品別に耐震対策用キットの有無を表した表

※ノックダウンシステムとは、パーツの組合せにより作成するシステムのため、横並びの2つのキャビネットの中間側板は1枚となります。そのため、横並びのキャビネットが地震などにより離れて動くことはありません。上下にキャビネットを重ねる場合も、側板は1枚のため、上下のキャビネットが離れることはありません。

このページのトップへ

シンラインキャビネット(地震対策)

アイコンについて

シンラインキャビネット

バリエーション豊富なシンラインキャビネットに安心をプラス。レイアウトに合わせた連結・固定方法の組合せで、地震時の転倒を防止します。


機能・特徴

  • 免震ベース

地震のエネルギーを低減させて転倒しにくくするベース。




  • 振動実験

地震を感知するとロック機構が外れ、上部ベースを前後にスライドさせることで、地震のエネルギーを低減させ、収納庫の転倒をしにくくします。写真2は、振動実験風景です。宮城沖地震波(1000gal基準)を加えた状態です。
A:標準品、B:免震ベース仕様

免震ベース

写真1:免震ベース

耐震実験

写真2:耐震実験


関連ソリューション

このページのトップへ

フリーアクセスフロアLAF-T500(5000N)

アイコンについて

フリーアクセスフロアLAF-T500(5000N)

1995年の「阪神・淡路大震災」では、フリーアクセスフロア上の家具の転倒被害が多く発生。その 原因は、フリーアクセスフロア上の家具が受ける地震の振動が、床スラブ上の約1.2倍になってしまうことでした。LAF-T500(5000N)は、適度な弾力と安定した強度でパネル浮きを防止し、固定した家具の転倒防止に効果を発揮します。


機能・特徴

  • フロア上の家具をしっかり固定優れた耐震性能を発揮

「阪神・淡路大震災」と同じ地震波(最大加速度)818galでの耐震試験 では、ボーダーパネルの浮き上がりだけで、家具の転倒やその他の異常は 認められませんでした。

耐震試験

写真1:耐震試験


関連ソリューション

このページのトップへ

オフィスに関するお問合せはイトーキオフィスゲートにお任せください

オフィスに関するお問合せの流れ

掲載の事例を参考にした、レイアウトや家具の購入など、オフィスに関するお問合せは、イトーキオフィスゲートへお気軽にお問合せください。(相談・見積もり無料)

お問い合わせはコチラ【無料】

※お客様にてパートナーをご指定いただくことも可能です。 >>こちらから

ページトップボタン

メインコンテンツフター

プロにご相談!

レイアウト変更やオフィス移転など、お気軽にお問い合わせください

お問合せの詳細はコチラ