オフィスに関するお問い合せはこちら
イトーキオフィスゲート
オフィスレイアウト・デザイン、事務所や店舗の内装工事を見積・ご提案
イトーキが東京・横浜・名古屋・大阪・福岡をはじめ全国のオフィス・事務所をサポート
メインコンテンツヘッダー
オフィスづくり情報

オフィスレイアウトの知識

オフィス家具の知識

オフィスセキュリティ対策

オフィス移転の知識

オフィス物件探しの知識

オフィス用語集

右ナビフッター

きれい・快適!IT時代のオフィス配線術

今すぐ取り入れたいケーブリングの基礎知識

1. 快適なネットワーク環境はケーブリングから

 オフィスとPC(パソコン)は、今や切っても切り離すことのできない関係です。社内ではひとりに1台のPCはもはや当たり前。ひとりで複数のPCを所有することも珍しくないでしょう。さらにサーバー、LANというように、ネットワークが複雑化し、使用方法も多様化することにより、煩雑になりがちなのが配線処理=ケーブリングです。 煩雑なケーブリングは、見た目が悪いだけでなく、通信速度や性能の低下を招きます。また、近年注目される情報セキュリティの面からも好ましくありません。障害や不具合による無駄な時間やコストを省き、快適なネットワーク環境を得ることは、正しいケーブリングを知ることから始まります。

2.デスク単位で実施できるケーブリング

 オフィス全体のケーブリングを見直すには大掛かりなレイアウト変更やコストを要しますが、デスクや収納など、1つの什器内で調整できるケーブリングなら、個人や島単位で比較的簡単に取り入れることができるでしょう。

 デスク単位でケーブリングを見直す場合、配線を隠すことを主眼にデスクを選択する方法と、ワークスタイルに合った配線機能を持つデスクへと変更する方法が考えられます。

 1つのオフィス内でも、グループや個人別に多様化するワークスタイルに対応するため、個々の使い勝手を考慮した選択をする。使用するPC形態によって、ケーブリングも個々に対応することが、快適なオフィス環境を作るといえるでしょう。

desk-haisen1.gifノートPCの使用頻度が高い部署ではLANや電源ケーブルの抜き差しをしやすく。

desk-haisen2.gif固定デスクでは周辺機器のスペースや配線も使用者の使い勝手に合わせて。

desk-haisen3.gif複数モニターを設置する場合にはより綿密な配線計画が必要。

3.LANケーブルの処理を見直しましょう

 オフィスのケーブルを大別すると、電気を供給する電源線ネットワークを構築する情報線(LANケーブル)の2種類に分類されます。オフィスのケーブリングで特に気を使いたいのは、LANケーブルの取扱いです。

 ネットワークの基本となるLANケーブルは、とてもデリケート。他のケーブルとの配線距離や曲げる角度によって、通信速度が低下するばかりか、エラーや性能不全を招くこともあります。LANケーブルの基礎知識を知り、正しいケーブリングを実施しましょう。

cable.gif

●LANケーブル敷設のポイント


(1)電源線と分離する
電気・LANの2線は可能な限り分離し、通信の安定と安全を確保しましょう。

(2)複数のLANケーブルを並行しない
複数のケーブルを敷設する場合、長い距離にわたって並行すると通信エラーを起こす原因となります。

(3)余長ケーブルは同径の円で巻かない
余長ケーブルを円状に巻いて処理する場合、同直径で幾重にも巻くと並行敷設と同様になり、通信エラーを起こすことがあります。

(4)折り曲げに注意
LANケーブルは損傷しやすいため、できるだけ真っ直ぐに敷設します。曲げる場合は緩やかな角度で曲げましょう。

4. 移転時に見直したい配線計画

 個々に対応するケーブリングの最適化は、多様化するワークスタイルにスピーディに対応できる有効な手段。しかし、オフィス全体のケーブリングの最適化を図るには、やはり全体計画が必要となります。

 ケーブリングを見直すには、オフィスの新設や移転時が絶好の機会。家具が固定されたオフィスでは変更が難しい要素だからこそ、全体レイアウトの見直し時には、ぜひとも実施したいものです。

制作:「office gateオフィスプランニング研究会」


オフィスに関するお問合せはイトーキオフィスゲートにお任せください

オフィスに関するお問合せの流れ

掲載の事例を参考にした、レイアウトや家具の購入など、オフィスに関するお問合せは、イトーキオフィスゲートへお気軽にお問合せください。(相談・見積もり無料)

お問い合わせはコチラ【無料】

※お客様にてパートナーをご指定いただくことも可能です。 >>こちらから

ページトップボタン

メインコンテンツフター

プロにご相談!

レイアウト変更やオフィス移転など、お気軽にお問い合わせください

お問合せの詳細はコチラ